弥生ミュージアム

ホーム 弥生ミュージアムについて お問合せ サイトマップ

第5章 弥生時代の社会

ホーム > 第五章 弥生時代の社会 > 2.祭祀と世界観 > 新しい支配原理となった祖霊信仰

2.祭祀と世界観

新しい支配原理となった祖霊信仰

弥生時代には他とは異なる豪華な副葬品や墳丘などを備えた墓が出現します。こうした墓のなかには、墓の周囲で祭祀が行われた痕跡が見られたり、墓と関係が深いと思われる場所から大型の建物跡などが発見されたりするものがあります。代表的な例が吉野ヶ里遺跡の北墳丘墓です。吉野ヶ里遺跡の北墳丘墓では中期後半に埋葬が行われなくなった後にも、墓に対する祭祀が行われていたことが確認されています。北内郭の主祭殿も墳丘墓と集落の南端に存在する南祭壇を結んだ線上に建てられており、墳丘墓を意識していたと考えられます。

図:主祭殿と北墳丘墓と南祭壇を結んだ線
主祭殿と北墳丘墓と南祭壇を結んだ線

主祭殿が建てられた弥生時代後期後半には、日本各地で大規模な墳丘を持った墳丘墓がつくられるようになり、これらの墓の周囲で祭祀が行われるようになります。前期末から中期初頭の福岡県福岡市吉武高木遺跡では、朝鮮半島製の鏡などの副葬品が出土した甕棺墓群が集中する墓域に面するような場所から、祭祀に関連すると思われる大型の掘立柱建物跡が発見されています。
特別な墓とその墓に対する祭祀は、弥生時代の前期末頃には北部九州地方に出現していたと見られます。こうした特別な墓とそれに対する祭祀の存在は、弥生時代の階層分化の状況を物語るとともに、特定の死者(首長霊)に対する社会的な祭祀が現れてきたことを物語っていると考えられます。
弥生時代に新しく出現してきたこうした状況は、新たに生成してきた祖霊信仰の表れとみることができます。 重要なのは、こうした「祖霊」に対する信仰が階層分化に伴って首長制と結びつき、新たな支配原理として発展していったと考えられることです。

首長霊を祖霊として祀り、特別な聖性を付加することで、その霊力を背景とした支配者の支配の正統性や力の保持がはかられていったと考えられます。
新天皇の即位式である大嘗祭は、天皇家の祖霊とも言うべき「天皇霊」を新天皇が継承する祭祀儀礼であることが、多くの民俗学者により指摘されています。このような不滅の「霊」と、その霊を継承する人物に対しての神聖視ともいうべきものが、弥生時代に生まれてきたと想像できます。
古墳時代の大規模な前方後円墳の出現は、弥生時代の首長霊に対する祖霊信仰が、さらに支配原理として大きな力を持つようになったことの表れであると思われます。

Copyright  YOSHINOGARI HISTORICAL PARK All right reserved.