弥生ミュージアム

ホーム 弥生ミュージアムについて お問合せ サイトマップ

第二章 弥生時代の集落と墓

ホーム > 第二章 弥生時代の集落と墓

第二章 弥生時代の集落と墓

弥生時代の集落は、水田をつくるのに適した湿潤な低地をのぞむ微高地や台地部に立地するのが一般的です。10軒内外の竪穴住居に倉庫(前期は地面に穴を掘った貯蔵穴、中期以降は高床倉庫)、少し離れた場所に墓地というのが一般的な集落のすがたです。 こうした一般的な集落とは別に周囲を壕で囲んだ大規模な集落が登場してくるのも弥生時代の集落の特徴です。

Copyright  YOSHINOGARI HISTORICAL PARK All right reserved.