弥生ミュージアム

ホーム 弥生ミュージアムについて お問合せ サイトマップ

第四章 弥生時代の生活

ホーム > 第四章 弥生時代の生活 > 5.交通

5.交通

明治時代以前、日本人の主な交通手段は馬と船でした。このうち馬は古墳時代になって中国大陸からもたらされたもので、弥生時代の日本列島にはまだ存在していません。遠く海を越えて中国大陸や朝鮮半島とも交流した弥生人の主な交通手段は船でした。

写真:鳥取県の稲吉角田遺跡出土の船が描かれた土器

鳥取県の稲吉角田遺跡出土の船が描かれた土器

弥生時代の船の姿は鳥取県の角吉稲田遺跡の土器や福井県春江町出土の銅鐸などに描かれています。そこには多数の漕手と櫂が表現されており、かなりの大型船が利用されていたとが推定できます。これらの絵や古墳時代の船形埴輪から、弥生時代には丸太をくり抜いて造った丸木舟に竪板(たていた)や、舷側板(げんそくばん)等の部品を組み合わせた準構造船という大型船があったと考えられています。準構造船の全体がわかる船の出土例はまだありませんが、滋賀県守山市赤野井浜遺跡などから舳先(へさき)や舷側板の一部が出土しています。

写真:大阪府の長原高廻り2号墳出土の船形埴輪

大阪府の長原高廻り2号墳出土の船形埴輪

こうした大型船とは別に、一本の木を刳り抜いて造った丸木舟も使われていました。丸木舟は縄文時代から使用されていたことが、東京都中里遺跡など多くの遺跡の出土例からわかっています。 千葉県の九十九里町などで発見された弥生時代の丸木舟は縄文時代のものとほとんど変わりがありません。

写真:滋賀県守山市の赤野井浜遺跡出土の舟の舳先や舷側板の一部

滋賀県守山市の赤野井浜遺跡出土の舟の舳先や舷側板の一部

弥生時代の人々は、近隣地域を行き来するための川や沼、湖などの運行には縄文時代以来の丸木舟を、遠方への航海には弥生時代に登場した準構造船を利用していたものと思われます。
魏志倭人伝には「倭人が中国に航海する時、常に一人(の人に)は、頭(髪)を梳(くしけず)らず、しらみを(とり)去らず、衣服は垢(あか)によごれ(たままにし)、肉をたべず、婦人を近づけず、喪に服している人のようにさせる。これを名づけて持衰(じさい)という。

写真:北区飛鳥山博物館所蔵の丸木舟部

北区飛鳥山博物館所蔵の丸木舟部

もし旅がうまく行けば、人々は生口(どれい)・財物を与え、もし(途中で)疾病があり、暴害(暴風雨などによる被害)にあえば、すなわち持衰を殺そうとする。その持衰が謹しまなかったからだというのである。」という記述があります。こうした呪いや祈りが必要なほど、当時の準構造船による遠方航海は危険なものであったのでしょう。
航海のための技術や知専門識も必要であったと考えられます。中世には北部九州の宗像水軍、紀伊半島の熊野水軍、瀬戸内海の村上水軍が三大水軍として、船の操縦が巧みなことで知られていました。こられの水軍のような航海のスペシャリストが弥生時代にも存在したことが想像できます。

Copyright  YOSHINOGARI HISTORICAL PARK All right reserved.