弥生ミュージアム

ホーム 弥生ミュージアムについて お問合せ サイトマップ

第四章 弥生時代の生活

ホーム > 第四章 弥生時代の生活 > 4.生業 > その他の生業

4.生業

その他の生業

農業の他に狩猟や漁、ドングリなど堅果類の採集なども行われていたことが、出土遺物から明らになっています。
また、今山産の石材を使って石斧をつくる福岡県今山遺跡のような「ものづくり」に従事する集落も現れたことがわかっています。瀬戸内海の沿岸部では塩を作った製塩遺跡が分布しており、塩づくりをおこなった集落があったことが確認されています。
魏志倭人伝は対馬国には良田がないため、人々は海産物を食べて自活し、船にのり南や北と交易して暮らしていると伝えています。これらのことから、海に近い集落では漁業に従事しながら、塩づくりや船を操り交易を行なう人々がいたと考えられます。

写真:今山産の太型蛤刃石斧

今山産の太型蛤刃石斧

Copyright  YOSHINOGARI HISTORICAL PARK All right reserved.