弥生ミュージアム

ホーム 弥生ミュージアムについて お問合せ サイトマップ

第一章 弥生時代の年代

ホーム > 第一章 弥生時代の年代 > 3.弥生時代の世界情勢 > 中国大陸

3.弥生時代の世界情勢

中国大陸

弥生時代が始まったとされる紀元前3世紀頃、中国大陸は戦国時代で韓、趙、魏、楚、燕、斉、秦等が覇権を狙い相互に戦っていました。このなかで秦が紀元前230年に韓を滅ぼし、紀元前228年に趙、紀元前225年に魏、紀元前223年に楚、紀元前222年に燕、そして紀元前221年に斉を滅ぼし、中国史上初めての統一王朝が誕生します。諸国を滅ぼし、史上初の「皇帝」の位に即位した始皇帝は、中央集権・法治主義の国づくりを強力に推し進めましたが、始皇帝の死後、秦帝国は各地の抵抗・反乱にあい滅亡します。秦の滅亡後、劉邦によって建てられた前漢が中国の統一王朝となります。

前漢は途中、紀元8年に王莽に皇位を簒奪され「新」が建国されますが、紀元23年には後漢によって倒され、その後、紀元220年まで後漢が中国を支配しました。後漢の滅亡後は、魏・呉・蜀が並びたつ三国時代となります。倭の女王卑弥呼が魏へ使者を送ったのもこの頃です。三国のうち魏が蜀を滅ぼし、280年には魏に代ってその権臣司馬炎が建てた西晋が呉を滅ぼして、再び中国を統一しました。日本列島でもこの頃、弥生時代から古墳時代へと時代が移行していきます。

図:無文土器時代の後期(初期鉄器時代)から原三国時代

弥生時代後期後半(3世紀前半)頃の中国大陸

弥生時代の600年間は中国が大きく変革した時代と重なっています。弥生時代のはじめ頃の戦国時代は鉄器が本格的に普及し、耕地の開拓が進み人口も爆発的に増加しました。そうした背景が諸国争う戦国の時代を招いたとも言えます。史上初の秦の中国統一とつづく前漢~後漢王朝の時代はその後の中国の基本的な姿をつくりあげ、「漢」は中国を表す言葉にもなりました。こうした中国の動きは弥生時代の日本列島にも大きな影響を与えたと考えられます。

Copyright  YOSHINOGARI HISTORICAL PARK All right reserved.