弥生ミュージアム

ホーム 弥生ミュージアムについて お問合せ サイトマップ

第一章 弥生時代の年代

ホーム > 第一章 弥生時代の年代 > 1.弥生時代の始まりと終わり > 弥生時代の始まりを表す要素2 金属器の登場

1.弥生時代の始まりと終わり

弥生時代の始まりを表す要素2 金属器の登場

弥生時代は日本列島で鉄器や青銅器などの金属器の使用が開始された時代でもあります。鉄器と青銅器はまず北部九州地方に朝鮮半島よりもたらされ、鉄器は主に実用品として、青銅器は主に祭祀(さいし)の道具として使用されるようになっていきました。その後、中国地方や近畿地方、関東地方など東日本にも広がりましたが、弥生時代を通じて中国大陸・朝鮮半島に近い北部九州地方が、金属器の豊富な所有、特に鉄器を他の地方に比べ多く所有したことが知られています。

写真:佐賀県吉野ヶ里遺跡から出土された銅剣(青銅器)

佐賀県吉野ヶ里遺跡から出土された銅剣(青銅器)

Copyright  YOSHINOGARI HISTORICAL PARK All right reserved.