ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文へ移動する

展示室春季企画展「吉野ヶ里遺跡発掘 再始動!日吉神社旧境内地発掘調査にむけて」

10年ぶりに発掘を再開する吉野ヶ里遺跡!今回の発掘調査エリア周辺の遺物などを展示

横切り7個、縦切り25個のイモガイの腕輪の写真

「謎のエリア」とされた日吉神社旧境内地

歴代の王と近親者の墓とみられる「北墳丘墓」の西側にあり、北側には長大な甕棺墓列が続く「日吉神社旧境内地」。すぐ北側からは両腕に36点の貝輪を付け、甕棺の蓋の部分に銅鏡を埋められた司祭者とみられる女性の墓が見つかっています。
重要視されながら神社があり手つかずであった「謎のエリア」は、神社の移転に伴い発掘調査を行うこととなりました。
今回の企画展では、発掘調査が行われる日吉神社旧境内地周辺からの出土品や資料の展示を行っていますので、発掘現場の見学の前に、ぜひご観覧ください。

吉野ヶ里遺跡展示室春季企画展
「吉野ヶ里遺跡発掘 再始動!日吉神社旧境内地発掘調査にむけて」

  • 開催期間 2022年4月27日(水)~7月17日(
  • 開催場所 佐賀県吉野ヶ里遺跡展示室(「南内郭」向かい)