弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > ベニバナ染めレポート

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2009年7月5日

ベニバナ染めレポート

ベニバナの花畑のほうは、花はまだ咲いていますが、残念ながら、見ごろのピークが過ぎてしまいました(>_<)

ベニバナの花畑を楽しみにして下さった皆さま、申し訳ございません。m(__)m

でも、この土日に行ったベニバナ染めの特別体験は、来週の7月11日、12日の土日にも行いますので、よかったらご参加ください!

---------------------------------------------------------------------

ベニバナの花畑の見ごろが終わったため、7月11日、12日の体験では、摘み取りの作業を割愛させていただくことになりました。そのため、場所を弥生くらし館に変更して行います。ご理解のほどよろしくお願いいたします。(7月9日追記)

---------------------------------------------------------------------

今日は、そのベニバナ染めの流れをレポートします。(^▽^)/

まず、受付は南内郭を過ぎてもう少し北に行ったところにある中のムラ。

受付で軍手と袋を受け取ったら、祭りの広場のベニバナ畑へ移動。

ベニバナの花びらを摘みます。
トゲがあるので気をつけてくださいね(^0^)
両手のひらいっぱいぐらいの量をがんばって摘んでください。
摘めたら、また中のムラに戻ります。

摘んだ花びらを袋にいれ、軽く水でぬらします。

ボールに水と、酢を少々。袋を漬けてもみます。
ひたすら、もみます!

すると、水が黄色くなっていきます。

黄色に染める場合は、あまりもみすぎるとだめだそうです。
オレンジにするには、1時間以上モミモミ・・・。
赤くするには、1日以上かかるそうです(×。×;)タイヘン!
紅色を出すには手間と時間がかかるのですね・・・

もんで、しぼりだした水に手ぬぐいを漬けます。
漬ける前に結び目をつけたり、輪ゴムでしばって模様をつけるのもアクセントになりいいですよ♪

しばらく待ちます。(漬ける時間も色により異なります。)

時間が経ったら、軽く絞り、ピンクにする場合は、さらにお酢にひたします。

水で軽く洗ったら、少し色が溶けて、黄色やピンク、オレンジに。

どんな色あいになるかは、水洗いしてからのお楽しみです(^-^)

乾かしている間に、見学しても良し、袋に入れて持って帰ってから干しても良し。
残った花びらは持ってかえって、またもんで染めるも良し☆

長くなってしまいましたが、ベニバナ染め、やってみませんか?(^_-)☆

体験の詳細はコチラ
 

ベニバナ畑で花びら摘み

▲ベニバナ畑で花びら摘み

袋に入れた花びらをもみます

▲袋に入れた花びらをもみます

汁に手ぬぐいを漬けます

▲汁に手ぬぐいを漬けます

水洗いする瞬間はドキドキ?

▲水洗いする瞬間はドキドキ?

きれいな色に染まりました♪

▲きれいな色に染まりました♪

ページの先頭に戻る