弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > 土器復元作業

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2008年10月21日

土器復元作業

吉野ヶ里歴史公園内の弥生くらし館では平日、土器の復元作業を行っています。専門のスタッフがバラバラになった土器をもとに近い形に再現しています。
写真の復元作業で使用している道具は、接着剤、薄い竹ひご、洗濯バサミです。竹ひごは立体的な形を保って接合するために必要な道具で、竹をしならせて、まるでギブスのような役割をしています。復元作業に使う道具は、復元する土器の種類で変わります。
平日は通常、発掘現場の公開も行っています。考古学の生きた現場を是非ご覧になってください。
なお、天候等の都合でご覧になれない場合もありますが、その場合はご了承下さい。

ページの先頭に戻る