弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > 続カイコ飼育中。

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2008年9月7日

続カイコ飼育中。

弥生くらし館で飼育中のカイコたちはすくすくと健やかに成長中です。もうすぐ糸を吐いてマユ玉を作り始めるため、スタッフたちの手で「カイコマンション」を製作中です。
素材は厚紙やダンボール紙などで、形は昔の蚕棚と同じようなものです。四角の「個室」に一頭ずつ入っていき、そこでマユ玉を作っていきます。
卵から孵化して間もないカイコもいて、まだまだ弥生くらし館のスタッフたちはそれぞれの業務の合間に飼育中です。手間がかかりますが、愛情を持って飼育している様子がほのぼのと伝わってきます。現在、養蚕農家は年々減少傾向にあり、カイコを見る機会はなかなかないと思います。今なら吉野ヶ里歴史公園では生きたカイコをご覧いただけますので、ご来園の際は弥生くらし館に立ち寄ってみてください。ただし、マユ玉になって、更に糸になっているかもしれませんのでその時はあしからず・・・
 

ページの先頭に戻る