弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > 【吉野ヶ里散策】コバルトブルーの管玉

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2019年3月4日

【吉野ヶ里散策】コバルトブルーの管玉


公開されている北墳丘墓

特別なステータス
   北内郭から約200㍍北側に「北墳丘墓」があります。その北墳丘墓からは14基の甕棺墓が発見され、紀元前2世紀から前1世紀の歴代の王(首長)の墓であったと考えられています。また、その14基の甕棺は全て大型で、黒く着色され、銅剣を副葬したものが8基、北墳丘墓の中で最も古い甕棺の1006号甕棺墓を中心にして、それを取り囲むように他の甕棺墓は埋められています。
   それらの甕棺墓の中で最も注目されるのは1002号甕棺墓です。この甕棺墓からは長さ46.5㌢の把頭飾付有柄銅剣と最大長さ約7㌢の鉛バリウムガラス製の管玉79個が副葬品として発見されました。紀元前1世紀にこれだけ大量のガラス管玉を持った人物のお墓です。それまでの勾玉や管玉はほとんど石の世界でした。それがコバルトブルーに輝くガラスの管玉です。
   ガラスの原料はその成分から中国と考えられています。北部九州では弥生後期に青いガラス製小玉を数千個も副葬するお墓が現れます。その事を考えれると、新たな青色への美意識の芽生えと海外との交流を深く感じます。ガラス製管玉はこの人物にとって、他の者とは違う特別なステイタスだったのではないでしょうか。


1002号甕棺墓(副葬品はレプリカ)

吉野ヶ里ガイド  福田 幸夫
(2019年2月16日 佐賀新聞「吉野ヶ里散策」掲載)

ページの先頭に戻る