弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > 『吉野ヶ里 光の響』開催しました

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2017年12月29日

『吉野ヶ里 光の響』開催しました

12月恒例のライトアップイベント『吉野ヶ里 光の響』を
開催しました。


今年も「キャンドルの地上絵」や「熱気球の夜間係留ナイトグロー」、花火の打上げなどをメインに園内をさまざまな光や炎が彩りました。

竪穴住居内での火焚きや湯茶のふるまいでお出しした「そばと大豆のお茶」に、ほっこり顔を緩められるお客様の姿も。

6日間、雨による中止を危ぶんだ日もありましたが、中止なく開催できました。

来年はより楽しんでいただけるイベントになるよう、準備したいと思います。


メイン会場「南内郭」


今年の地上絵 公園マスコット「ひみか」と「やよい」(終了したので公開します)


北側からは「物見やぐら」と「熱気球」が見えました


「南内郭」東側には、キャンドルの回廊


環壕入口には、竹燈籠


熱気球の夜間係留ナイトグローは、12/23に10機で開催


バスケットに乗り、バーナーを焚いて記念撮影を行いました


公園で採れた「そば」と「大豆」を使った湯茶ふるまい


竪穴住居では「火焚き」で暖をとってもらいました

ページの先頭に戻る