弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > 梅雨ですが色んな花次々咲いてます

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2016年6月15日

梅雨ですが色んな花次々咲いてます

園内は6月に入り次々と花が咲き始めました。

まずは、毎年「染色体験」でも利用しているベニバナ。
今年は約9000㎡、10万本の花を栽培しています。
現在1/3の畑が見頃を迎え、6月末まで見頃が続く見込みです。

昨年より栽培を始めた大賀ハスは、弥生時代の遺跡から発掘された
ハスの実が開花したもの。
純系の蓮根を株分けいただき、今年も大きな花が咲きました。
こちらも6月末までは開花が続く見込みです。

現在花が増えてきているのが、カワラナデシコ。
大和撫子やナデシコジャパンという言葉を聞くことはあっても実物を
ご覧になったことのない方は多いのではないでしょうか?
ピンク色の可憐な花が、園内各所で咲いています。

これから花を咲かせそうなのが、コオニユリ。
北内郭・中のムラの周辺からつぼみを付けた株が上がってきています。
まもなくオレンジ色の花が咲き始めると思います。

梅雨の最中ですが、次々と見頃が続く園内。
梅雨の晴れ間はぜひ足を運んで見て下さい。

ベニバナ満開

▲ベニバナ満開

大賀ハスこれから見頃です

▲大賀ハスこれから見頃です

カワラナデシコも開花です

▲カワラナデシコも開花です

まもなく開花のコオニユリ

▲まもなく開花のコオニユリ

ページの先頭に戻る