弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > わらびのその後

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2016年4月9日

わらびのその後

ここ数年、春になると待ちわびて「わらび」の写真を撮ります。

地面を割って出てくる生命の力強さが春を感じさせてくれるからです。

しかし毎年出てくるのを撮影して、気がつくと立派な「シダ」に
なっています。

まったく形状が違う「わらび」が、どうなって「シダ」になるのか?

よい機会なので確認してみました。

ちょうど現在園内では「わらび」→「シダ」に育っている途中。

キュッと丸まっていた葉が少しずつ開き、形状の変化が見て取れる
状態のものがたくさんありました。

どうしてこう生長するようになったのか?見てると不思議に思います。

しばらく経つと立派なシダの群生地となって、足を踏み入れられなく
なることでしょう。

1年待って、地面を割り春を告げてくれるのを待ちたいと思います。

園内ではシャクナゲやウマノアシガタも見頃を迎えています。

ご来園の際はぜひお楽しみください。

ページの先頭に戻る