弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > 熱気球から吉野ヶ里遺跡

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2016年3月16日

熱気球から吉野ヶ里遺跡

公園の春の人気イベント「熱気球から遺跡展望」が始まりました。

南のムラの芝生広場で、熱気球「ひみか号」の係留飛行に
搭乗いただける体験です。

「ひみか号」は通常の競技用熱気球よりも球皮もバスケットも大きく
一度に大人で6人程度搭乗できます。

上空より見ると眼下に吉野ヶ里遺跡の復元建物が広がります。

ここでぜひご覧いただきたいのが、エリアによる建物の違いと環壕です。

地上からも各エリアを見学できますが、同時に見比べられるのは
空からならではの見方です。

また南北に続く環壕も、全部は無理ですが広範囲で見られます。

離陸の際のバーナーが大きな音と熱を発するので、中には驚いて
泣いてしまうお子様もいますが、大半はめったに見られない景色を
喜んでもらえます。

イベントは3/19・20・21 9:00から開催されます。

会場の南のムラには、公園東口が近くなります。

春めいてきた公園に、イベント含めてぜひ遊びに来てください。

ページの先頭に戻る