弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > 雪景色

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2016年1月28日

雪景色

先週末より今週にかけて降った大雪。

公園の景色を真っ白に変え、多い所では30cmほど積もりました。

例年は、夜のうちに雪が降っても翌日には溶けるため、それほど
多くの雪が積もることはありませんが、今回は日中も氷点下の気温。

融けることなく降り積もり、復元建物も環壕も芝生広場もすべてが
雪の下に埋まりました。
甕棺墓列は、雪が積むとマシュマロのようでおいしそうでした。

公園は通常どおり9時より開園しましたが、園路を除雪しても
端まで終わる頃には始めの地点がまた埋まり、再度やり直す
という状態が続き、
時折吹く強い風は吹雪となり、払わずにいると
自身が雪だるまになりました。

撮影するカメラも油断するとすぐ雪が張り付き、レンズにつかないよう
一瞬出して撮影してはすぐしまうの連続です。

慣れない雪に見えない足元、吹雪く中での園内撮影は終わった後、
どっと疲れました。

次回これだけの雪景色を見られるのは何年先になるのか。
楽しみもあり、苦労もありの今回の雪でした。

 

ページの先頭に戻る