弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > スタッフ日記【炎が彩る夜の公園】

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2015年10月16日

スタッフ日記【炎が彩る夜の公園】

毎年10月の第4週の土日には、地元吉野ヶ里町の秋まつり
「吉野ヶ里ふるさと炎まつり」が開催されます。
(ちなみに、炎まつり=ひまつり、と読みます)

今年は10/24・25に開催です。
会場は赤いそばの畑に囲まれ、日中もステージや参加イベントなどで楽しめますが、
そこは「炎」がテーマのお祭り。
夕方より炎の灯りが、独特の雰囲気を醸し出します。

初日は一般参加もできる「たいまつ行列」。
たいまつを手に園内を練り歩きます。
日暮れの園内をたいまつの長い列がずらりと並び、周囲を照らします。

そして20時からは花火が打ちあがります。
この花火、打上げも園内でやってますので、距離が近くて迫力ありますよ。
物見やぐらのある「南内郭」でライトアップされたやぐら越しの花火もきれいです。

2日目にある、兵士に扮した中学生による炎踊りでは両端が火に燃える棒を使い、
演舞が行われます。
そして、フィナーレでは巨大な送り火が焚かれ、祭りを締めくくります。

この2日間、夜間開園にして無料入園日となっています。
「南内郭」の物見やぐら越しに沈む夕陽も一見の価値があります。
ぜひ楽しんでください。

炎まつり会場

▲炎まつり会場

たいまつ行列

▲たいまつ行列

打上花火

▲打上花火

炎踊り

▲炎踊り

巨大送り火

▲巨大送り火

ページの先頭に戻る