弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > スタッフ日記【今年の水田】

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2015年9月16日

スタッフ日記【今年の水田】

園内の水田に植えた古代米が秋を迎え、籾が色づき、こうべを垂れ始めました。

5月末に体験イベントで植えられた赤米と黒米。

田植えには、たくさんのご参加をいただき、初めて素足で入る田んぼに、
おそるおそるだったものの、慣れた後は楽しんで苗を植えていただけたようです。

7月、体験イベントで案山子を作り、実りに備えました。
子どもたちがイラストを描いてくれた案山子の服は、かわいくできていました。

夏の日射しと案山子の加護を受け、稲はすくすくと育ちました。

晩夏に出穂し、赤米の水田が赤い草原のようになりました。
風に合わせて、ゆれる赤い穂はなんとも幻想的な風景です。

そして、10月には収穫を迎えます。
弥生人にとっても、この時が一番のよろこびだったのではないでしょうか。
今年の稲刈りは満員となってしまいましたが、来年田植えから稲刈りまで
体験してみませんか?

田植えイベント

▲田植えイベント

案山子作りイベント

▲案山子作りイベント

夏の水田

▲夏の水田

出穂した赤米

▲出穂した赤米

籾の色づいた赤米

▲籾の色づいた赤米

ページの先頭に戻る