弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > スタッフ日記【おにぎりの日】

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2015年6月18日

スタッフ日記【おにぎりの日】

本日6月18日は「おにぎりの日」だそうです。
石川県の旧鹿西町で最古のおにぎりの化石が発見されたことに
由来しているのだとか。
少し前にスタッフの間でも、おにぎりの形について話題になりました。

6月14日に開催した「吉野ヶ里歴史公園 歴史講座」。
このイベントの中で、赤米のおにぎりをお出しすることとなっていました。
歴史専門員より「形は三角形で」との指定がきていたのですが、
正直「なんで三角形なの?」と思うスタッフが多かったと思います。

調べてみると、吉野ヶ里ではありませんが弥生時代の遺跡から
おにぎりの化石が発掘されてました。それも何カ所も。
(弥生時代におにぎりがあったということ自体にも驚きましたが)
そして、そのおにぎりの形が三角形でした。

公園の体験で「古代食づくり」や「竪穴住居宿泊体験」などで
土器で古代米を炊いて食べていただく体験は開催していますが、
おにぎりにすることがなかったので形について改めて考えたことは
ありませんでした。
さすが弥生人は米食してただけあって、おにぎりも食べてたんですね。

今日は弥生人を思い、三角おにぎりを食べたいと思います。

赤米のおにぎり

▲赤米のおにぎり

歴史講座の模様

▲歴史講座の模様

ページの先頭に戻る