弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > スタッフ日記【梅雨時花模様】

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2015年6月12日

スタッフ日記【梅雨時花模様】

ただいま梅雨真っ最中の吉野ヶ里歴史公園。
春の花の姿も少なくなり、園内の色味も変わってきました。

早春は黄色いく野草の花。
アザミが咲く頃から色が変わり始めます。

現在園路で見上げると、濃いピンクの扇形の花が咲いています。
ネムノキの花です。
花弁は細く、雨に打たれると傷んでしまいますが、非常に華やかなで
陽に透けるととてもキレイです。

同じくピンクの花が、地上でも咲き始めました。
現在開催中の女子サッカーのワールドカップ。
日本チームの愛称にもなっているナデシコの花が咲き出しました。
まだ数も少ないですが、近々園内各所で見られると思います。

5月下旬から咲いていたベニバナは雨による茎の痛みが目立ち
始めましたが、花の色はあざやかなものもまだまだあります。
現在のは早撒きの畑なので、6月中には次の畑で開花する見込みです。

公園の花模様は、梅雨にも負けず新たな花が咲いています。
 

ネムノキ

▲ネムノキ

ネムノキの花と蕾

▲ネムノキの花と蕾

ナデシコの花

▲ナデシコの花

ベニバナ傷んできました

▲ベニバナ傷んできました

まだまだ元気な株も

▲まだまだ元気な株も

ページの先頭に戻る