弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > スタッフ日記【雨の宿泊体験】

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2015年6月4日

スタッフ日記【雨の宿泊体験】

春秋開催している「竪穴住居宿泊体験」。
今回は雨の中での開催となりました。

通常芝生の上で行っている竹で作る食器づくりは、
体験工房のある「弥生くらし館」へと変更。
丸くすべりやすい竹をノコギリで切るのは大変です。
でも、みなさん、特に子供たちの慣れは早く、ナタや小刀も
器用に使い、縁もきれい仕上げた食器を作ってました。

また、土器で炊く赤米ごはんも今回はテントの下。
湿気があるせいか、テントに煙が立ち込めて逃げ惑う一幕も。
でもこれもしっかりとおいしいご飯が炊けました。
今回は、赤米ごはんと具だくさんの豚汁、鶏肉の燻製でした。

夜は各班に別れ、竪穴住居に宿泊。
テントで泊まるキャンプとはまた違った泊り心地だったのでは
ないでしょうか。

翌朝は快晴となり、古代米の水田での田植え体験に参加。
水田に素足で入るのにとまどう子、長靴で入って抜けなくなる子。
さまざま見られましたが、みなさん田植えを楽しんでいただけたと
思います。

初日は雨で大変だったと思いますが、それも思い出にして
いただけるとうれしいですね。
次回は10月の開催を予定してますので、興味のある方は
HPか、情報誌「ひみか通信」をチェックしていてくださいね。

食器作り

▲食器作り

竹はすべるんです

▲竹はすべるんです

雨の野外土器炊飯

▲雨の野外土器炊飯

うまく炊けましたね

▲うまく炊けましたね

みんなで田植え体験です

▲みんなで田植え体験です

ページの先頭に戻る