弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > スタッフ日記【さが桜マラソン終了】

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2015年4月5日

スタッフ日記【さが桜マラソン終了】

4/5(日)、春の大イベント「さが桜マラソン2015」が開催されました。
参加者数1万人という大会は、園内を折り返し地点として佐賀県総合運動場の
陸上競技場に戻るコースになっています。
(公園まで走られる選手は、フルマラソン参加の8500人です)

今年は雨予報が当日まで変わらず、ポイント予報では強雨となる予報まで。
しかし本日はパラつく程度の小雨はあったものの曇り空が続き、選手が通過
する頃には晴れ間が見えていました。
選手のみなさんには暑かったのではないでしょうか。

園内では給水所とともに、いちご「さがほのか」や神埼市特産の「神埼そうめん」
などの給食所も設けられていましたが、上位通過する選手たちは給水はする
ものの給食はせずに、素通りする選手が続きました。

少し経ち、そうめんやいちごを口にする選手が増えてくるとボランティアさんの
中から「きゃ~」「やった~」という声が聞こえてきました。
頑張って準備した給食を食べてもらえたことへの歓喜の声。
聞いてるこちらも嬉しくなる気持ち良さでした。

今年はゲストとしてアトランタオリンピック代表の千葉真子さんが招待され、
園内でもマイクやハイタッチで選手を激励したり、園内コースを一緒に走って
応援していました。

ハイタッチと言えば、園内コース脇で小さな姉弟が選手たちに一生懸命
声援を送り、ハイタッチをしてました。
かわいい応援者にそれまで苦しそうな表情を浮かべていた選手たちも
思わず顔がほころんで、続く選手たちへも笑顔の輪が広がってました。

来年また参加者やボランティア、応援者のみなさんによるドラマが生まれる
かと思うと楽しみに思います。

復元建物をバックに・・・

▲復元建物をバックに・・・

ボランティアさんの給食所

▲ボランティアさんの給食所

千葉さんの伴走

▲千葉さんの伴走

ハイタッチで激励

▲ハイタッチで激励

小さな声援に広がる笑顔

▲小さな声援に広がる笑顔

ページの先頭に戻る