弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > スタッフ日記【夏の終わり、秋のはじまり】

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2014年9月13日

スタッフ日記【夏の終わり、秋のはじまり】

 公園では8月末~9月初旬に赤米の穂が赤く水田を染め、色が変わると
秋がはじまる。そんなイメージがあります。

今年は日照不足で例年より1週間から10日遅れていましたが、ようやく
赤い穂も色が変わってきました。
日中は汗ばむほどの日差しがありますが、風は軽くさわやかに感じます。

園内各所には彼岸花を植えています。
その中でもっとも復元建物に近い「南内郭」周辺の開花が始まりました。
ニョキニョキといたる所から伸びてくる様は、春のつくしを思わせます。

彼岸の入りまで1週間。
今年は期間中、たくさんの花が見られそうです。

変わってきた赤米の色

▲変わってきた赤米の色

環壕の赤米も実ってます

▲環壕の赤米も実ってます

南内郭周辺の彼岸花

▲南内郭周辺の彼岸花

たくさん出てきています

▲たくさん出てきています

まだ蕾がたくさんです

▲まだ蕾がたくさんです

ページの先頭に戻る