弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > スタッフ日記【梅雨の時期の花】

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2014年6月7日

スタッフ日記【梅雨の時期の花】

 今年はすんなり梅雨入りした九州北部。
公園では多少の雨はあるものの曇時々晴といった天気が続いています。

この時期の園内を見回してみると、少し特徴を持った花が多いようです。
一番は、「祭りの広場」で栽培しているベニバナ。
花の色が黄から朱へと変化し、染料や油の原料としても使われています。
一株の花は、ひとつが咲いた後に間をおいて他の花が咲いてるようです。
ここで困るのが、たくさん花が咲いている写真を撮ろうと思うと、必ず1つは
咲き終わった花がある(しかも、ほとんどが中央の先端)ということ。
見頃を見極めるのが難しい花と思います。

「弥生くらし館」入口近くにあるのは、オカトラノオ。
白く小さな花が下から順次咲いていき、垂れ下がった先端が虎の尾に
似ていると付けられた名だとか。
群生するので、垂れ下がった花が虎の尾と考えると少し楽しく見えます。

「環壕入口」で頭上に咲き始めているのは、ネムの木の花。
細い線のような花弁が集まって赤白のツートンの花になっています。
初夏の短い時期にだけ咲き、夏の季語にもなっているようです。
花言葉が「歓喜」というのは、赤白でおめでたいからでしょうか。

カワラナデシコは、女子サッカー「ナデシコジャパン」でもおなじみ。
ピンクの花が、「南内郭」~「中のムラ」にかけて、咲き出しました。
まだまだ蕾のものが多い状態ですが、「ナデシコジャパン」のように
近々たくさん咲き誇ってくれると思います。

これから雨の時期となりますが、園内では楽しめる花が見られそうです。

ベニバナ

▲ベニバナ

オカトラノオ

▲オカトラノオ

カワラナデシコ

▲カワラナデシコ

ネムノキ

▲ネムノキ

ページの先頭に戻る