弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > スタッフ日記【小さな小さな自然の摂理】

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2014年5月30日

スタッフ日記【小さな小さな自然の摂理】

 日に日に開花数が増えているベニバナの畑。
来週末には見頃を迎えそうです。
栄える植物があれば、それに群がる虫たちも増えます。
そこには益虫もいれば害虫も。

畑やガーデニングをしたことがある方は経験あるかもしれません。
アブラムシの増殖です。
(アブラムシは植物の茎などに取りついて汁を吸います。
    発生すると繁殖力がとても高く、枯れや病気の原因となります。)
様々な駆除方法もありますが、殺虫剤や消毒などの薬品を使いたく
ない方にとっては厄介な相手と思います。

このアブラムシの天敵として食べてしまうのが、テントウムシ。
特に幼虫の間の食欲はすごく、次々に食べていきます。
しかし、繁殖力の高いアブラムシ。なかなか0にはなりません。

元気な植物をエサに集まる虫。また、それをエサとして集まる虫。
増えすぎては困るものに働く抑える力。
ベニバナ畑の小さな一角では現在、自然の摂理が働いてます。

日に日に増えるベニバナ

▲日に日に増えるベニバナ

捕食するテントウムシ

▲捕食するテントウムシ

テントウムシ何匹います?

▲テントウムシ何匹います?

ページの先頭に戻る