弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > キジの親子

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2008年6月13日

キジの親子

吉野ヶ里歴史公園は遺跡はもちろんのこと、自然の見所もあります。
先日よりこのスタッフ日誌で紹介している野草はもちろん、美しい色の蝶も見かけますし、鳥たちも園内に羽を休めにやってきます。現在、公園北側の祭りの広場ではキジが子育てに励んでいます。公園内の巡視係員が確認したところ、雛は5羽だということです。
キジは日本の国鳥で、本州、四国、対馬を除く九州に生息しています。3月~5月が繁殖期で、初夏から秋は雛が大きく成長する季節です。
キジの雛が無事成長し、ここでまた新しい生命を育んでほしい、とスタッフ一同願っています。

キジも巣の周辺を巡視中

▲キジも巣の周辺を巡視中

ページの先頭に戻る