弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > スタッフ日記【弥生人、大豆を叩く!】

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2013年11月21日

スタッフ日記【弥生人、大豆を叩く!】

 10月に収穫体験を行ったエダマメが熟し、大豆になりました。
刈取りを行った弥生人たちが「殻叩き」という作業を行いました。

これは「殻叩き台」という台に、収穫した大豆を叩きつけてサヤから
大豆を落とすというもの。
ひと叩きする度に、広げたシートに「バラバラバラ・・・」と
落ちた豆の音がします。
ただし叩きつけるので、いきおいで周囲に飛び散る豆もあって、
「節分なら鬼も逃げ出すなぁ」と感じました。

落とした豆はまだサヤや葉が混ざった状態。
これを「唐箕(とうみ)」にかけて、豆とそれ以外に分けます。
重い豆は下に落ち、軽いサヤや葉は横から当てる風で除けます。
懐かしいと思われる方もおられるでしょう。

大豆のできは、なかなかのツヤツヤぶりで、おいしそうです。
この大豆は、農機具体験や古代食づくりのイベントでお客様に
ご賞味いただけます。
機会ありましたら、ぜひご参加ください。

 

収獲された大豆

▲収獲された大豆

殻叩き

▲殻叩き

たくさん収穫できました

▲たくさん収穫できました

唐箕に仕分けします

▲唐箕に仕分けします

獲れた大豆はツヤツヤ

▲獲れた大豆はツヤツヤ

ページの先頭に戻る