弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > スタッフ日記【忘れられがちですが・・・】

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2013年10月18日

スタッフ日記【忘れられがちですが・・・】

 吉野ヶ里歴史公園というと、最大の建物である北内郭「主祭殿」!
シンボル的な南内郭「物見やぐら」!王墓である「北墳丘墓」!
・・・と、吉野ヶ里では神聖・重要な場所ほど北に配置されていたので、
みなさんからもスルーされがちなのが「南のムラ」です。
そんな南のムラを本日は少し高い位置から撮影できる機会がありました。

南のムラはいわゆる一般民の居住区とされています。
でも、周辺集落の中心であった吉野ヶ里の環壕の中で暮らしてた民です。
実は優秀な人材や少しセレブな人たちだったのかもしれませんね。

左上には現在満開の白そばの花。
右上の丘は「祭壇」です。
紹介されることが少ないですが、祭壇からはお供えされたと見られる
品々が発掘されています。
北墳丘墓→主祭殿→祭壇をまっすぐにつないだ先にあるのは、
雲仙・普賢岳。
有明海をはさんで約60キロ先に見える山への特別な想いがあった
のでしょう。
現在でも天気の良い日には、祭壇から望めます。
もし天気の良い日に来園されたら、登って見て下さい。
足元には気を付けてくださいね。

ページの先頭に戻る