弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > スタッフ日記【夏と秋の間】

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2013年9月7日

スタッフ日記【夏と秋の間】

 猛暑が続きから一転、不安定な天気が続いています。
ここ3週続けて、週末の雨。
気温もだいぶ下がり、過ごしやすくはなりました。

見頃を迎えた赤米の穂も早出の品種に色落ちが見られます。
今年は、品種によって出穂の時期が大きくズレたようで、
かたや色落ち、かたや今から、といった具合になりました。

晩夏の公園の風物詩「赤く染まる水田」も来週いっぱいという
事になりそうです。

そんな水田の傍らに咲くのは、ヒガンバナ。
「え、もう?」と言われそうですが、咲いています。
秋のお彼岸は、9月20~26日。
通常は9月下旬頃が見頃なので、フライング気味ですね。

現在は水田回りと、近くの城柵部分に咲いていますが、
9月下旬には遺跡の復元建物や畑の周辺、広場の土手に
たくさん開花する予定です。
真っ赤なじゅうたんが広がりますよ。

色落ちしてきた赤米

▲色落ちしてきた赤米

現在伸びてきている赤米

▲現在伸びてきている赤米

畔に咲くヒガンバナ

▲畔に咲くヒガンバナ

城柵沿いに咲くヒガンバナ

▲城柵沿いに咲くヒガンバナ

昨年祭りの広場の土手

▲昨年祭りの広場の土手

ページの先頭に戻る