弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > スタッフ日記【実は百名城!】

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2013年7月19日

スタッフ日記【実は百名城!】

 吉野ヶ里遺跡といえば、日本最大級の弥生時代の環壕集落跡。
実は、日本の百名城に数えられているのはご存知ですか?

「え、城なんてあったの?」
そんな声が聞こえそうですが、環壕集落そのものが城の機能を持っていたのです。

丘陵地の集落の周囲を掘って壕で囲む。
掘りあげた土で土塁を積んで、その上に城柵を築く。
堀の傍に監視用の物見櫓を建てる。
門の壕の内には、侵入を防ぐ逆茂木。
入口は鍵型に折り、直進できない門づくり。

重要な拠点は二重三重の壕で守られ、壕の深さも深くなっています。
物見櫓が壕に張出して作られており、同様の技術が中国で見られる
ことから、当時、交流があったことがうかがえます。
すべては遺構を元に復元ですので、すでに城の基礎技術はあったのでしょう。

百名城めぐりをされる方は、公園入口に記念スタンプがあります。
ご利用ください。

二重の壕・城柵と物見櫓

▲二重の壕・城柵と物見櫓

壕に張出した物見櫓

▲壕に張出した物見櫓

逆茂木を配した門

▲逆茂木を配した門

折れ曲った入口の北内郭

▲折れ曲った入口の北内郭

ページの先頭に戻る