弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > スタッフ日記【夏到来!バッタも赤い夏?】

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2013年7月12日

スタッフ日記【夏到来!バッタも赤い夏?】

 梅雨が昨年より大幅に早く明け、強い日差しが降り注いで
います。
一斉に鳴き出したセミの大合唱に夏を感じますね。

6月中旬に地域の小学生に育てた苗を植えてもらった
アサガオは元気に伸びて、アーチの上まで届きました。
花もちらほら咲いていますので、これからの夏本番には
たくさん咲くでしょう。

5月下旬に植えられた赤米の水田も緑一色!
元気に育って、8月下旬には真っ赤な稲穂が揺れることと
思います。
今、周辺はバッタだらけで歩く度に飛び跳ねていますよ。

今日、移動中に足元に止まった一匹のトノサマバッタ。
よく見ると色が・・・赤?紫???
初めて見る色に戸惑いましたが、保護色で色が変わったのでしょうか。
納得しかけましたが、園内で赤い場所がないことに
気づいて、よけいに分からなくなりました。
見ると幸福が訪れる・・・なんてバッタだといいのですが。

 

ページの先頭に戻る