弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > 園内に咲く花たち

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2008年6月5日

園内に咲く花たち

ポピーのシーズンは終わり、園内は花が少なくなったように感じられますが、実はひっそりと可愛らしい花たちが所々に咲いています。これから少しずつそんな花たちを紹介したいと思います。
この花は「うつぼぐさ」という名で、しそ科の多年草です。6月~7月の梅雨時期に咲き、草丈は30cmほどです。人に踏まれるところでも、高山までも健気に咲いています。名前の由来は、弓矢を収める靫(うつぼ)に形が似ているためですが、色も美しく、可愛らしいその形からは名前の由来と結びつかないと感じるのは私だけでしょうか。
園内の分布地は東口から入園し、天の浮橋を渡って、逆茂木を過ぎた辺りの道の両側です。ご来園の際は是非、ボランティアさんたちの手によって植えられたこのうつぼぐさたちを愛でていただけたら、と思います。
 

ウツボグサ

▲ウツボグサ

ページの先頭に戻る