弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > 赤米の色づく季節です

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2012年8月25日

赤米の色づく季節です

 8月も下旬になりましたが、公園はまだまだ夏模様。

北に控える脊振の山々には、夏らしい大きな雲が立ち上っています。

暑さを和らげるため、園内には数か所にミスト装置を取り付けていて、晴れた日には霧の中にが見えます。

じっくり見られたお客様が、結構濡れたと笑っておられました。

すぐに乾いてしまいますので、夏ならではの楽しみ方ですね。


先日のスタッフ日記の中で、赤米の花が咲いたことをお伝えしましたが、その後順調に開花が続き、今では緋色の草原です。

しかし、少し遠くから見てみると、実はまだ一部分だけ。

品種の異なる赤米を植えているので、開花の時期に差があるのです。

それでも来週半ばからは辺りを赤く染め、9月上旬までが見頃となる見込みです。(一部、黒米もありますが・・・。)

水田横の水路には、めだかもたくさん泳いでいます。

大きな雲から、小さなめだかまで、公園の夏は見所がたくさんですよ♪
 

物見やぐらと夏の雲

▲物見やぐらと夏の雲

霧の中に小さな虹

▲霧の中に小さな虹

色づき出した赤米

▲色づき出した赤米

水田全体ではまだ一部

▲水田全体ではまだ一部

水路のめだか

▲水路のめだか

ページの先頭に戻る