弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > 太陽をよこぎる金星

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2012年6月7日

太陽をよこぎる金星

 少し前に「金環日食」に沸いた日本列島ですが、
今度は
「金星の太陽面通過」が大きな話題になりました。

今回は吉野ヶ里歴史公園のある北部九州も晴天に恵まれ、
観測できる時間も長かったことからたくさんの方がご覧に
なれたようです。

「金環日食」に比べると見た目地味な「金星ほくろ」ですが、
次回観測ができるのは105年後の2117年12月11日。

おそらく生涯一度となる天体ショー。
みなさんはご覧になられたでしょうか?

※画像「復元建物と金星ほくろ」はイメージとして合成したものです。

金星の太陽面通過

▲金星の太陽面通過

復元建物と金星ほくろ

▲復元建物と金星ほくろ

ページの先頭に戻る