弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > 公園で見られるお花 2月19日

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2012年2月19日

公園で見られるお花 2月19日

花の少ない冬ですが、少しずつ春を告げる花も咲き始めました。

*マンサク*

東口アプローチのトイレの入口に数本ですが咲いています。
名前の由来は花がいっぱいに咲くので「豊年満作」という説と、山では早春一番に花を咲かせるので「まず咲く」がなまったという説があるそうです。
見ごろは3月中旬まで。

*ヤブツバキ*

園内では咲く時期が木によって大きく異なり、実は祭りの広場は12月には咲いていました。
でも皆さんが園内を見学されるにはちょっと遠いし、1本しか咲いてないしな~と思って紹介は控えていました(^^;
ようやく、おすすめポイントの南内郭周辺や倉と市のツバキも咲き始めました!3月~5月が見ごろです。

*シロバナタンポポ*

白いタンポポって本州では珍しいですが、九州では割とポピュラー。その辺の土手にも生えています。
現在倉と市で咲き始めました。環壕入口周辺ももう少ししたら咲き始めると思います。見ごろは4月ごろまで。

*クリスマスローズ*

冬の花壇は、ハボタン、ビオラだけじゃないんです!
東口の大階段の南側でうつむき加減に咲いているのがクリスマスローズ。白とワインレッドがあります。見ごろは3月ごろまで。

*スイセン*

同じく東口の花壇、クリスマスローズの後ろでも咲いているのはスイセンです。
1月ごろから咲いていましたが、まだがんばっています。見ごろはもう少し。3月にはまた別のスイセンが咲き始めると思います。


余談ですが、サザンカのピンクもまだまだがんばって咲いています。
似たようなツバキとサザンカ、見分けるポイントは、いろいろあって
 花びらで散るのがサザンカ、花ごと散るのがツバキ
 花が平開するのがサザンカ、ちょっとつぼんで咲くのがツバキ
 おしべがバラバラなのがサザンカ、筒状で根元でくっついてるのがツバキ
 葉が小さいのがサザンカ、大きいのがツバキ
などなど、見かけたら、詳しく観察してみてください(^v^)

マンサク@東口

▲マンサク@東口

ヤブツバキ@祭りの広場

▲ヤブツバキ@祭りの広場

シロバナタンポポ@倉と市

▲シロバナタンポポ@倉と市

クリスマスローズ@東口花壇

▲クリスマスローズ@東口花壇

スイセン@東口花壇

▲スイセン@東口花壇

ページの先頭に戻る