弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > 来て、みて、知ろう、邪馬台国!

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2011年10月14日

来て、みて、知ろう、邪馬台国!

『よみがえる邪馬台国』展シリーズ第三弾!!!


10/8からいよいよ始まりました『よみがえる邪馬台国~吉野ヶ里と出雲王国』

邪馬台国を語る上で切り離せない存在、それは地域王国として巨大な勢力を誇った山陰・出雲のクニ。

島根の「荒神谷遺跡」の銅剣・銅矛・銅鐸、「加茂岩倉遺跡」の銅鐸、「出雲大社」の平安時代の神殿、鳥取の「むきばんだ遺跡」、「青谷上寺地遺跡」の文物を展示して、邪馬台国時代の出雲王国の真相に迫る!!!

   

『よみがえる邪馬台国』展シリーズ…

H21年に行った、第一回は「邪馬台国は九州」ということで、吉野ヶ里が邪馬台国の有力な候補地としての性格を取り上げました。
そして昨年H22年に行った、第二回は「纒向と吉野ヶ里」とし、邪馬台国九州説に対する近畿説の有力候補地である纒向遺跡の発掘調査成果を取り上げ、吉野ヶ里遺跡と対比して展示しました。


そして今年H23年は「吉野ヶ里と出雲王国」を開催します!

島根・鳥取両県は、かつて「出雲王国」を形成していたところと言われています。鳥取県青谷上寺地遺跡・同妻木晩田遺跡、島根県西谷墳丘墓群・荒神谷遺跡・加茂岩倉遺跡などこの地域での最近の目覚しい発掘調査の成果を紹介し、吉野ヶ里をはじめ九州と山陰との弥生時代の交流についても展示いたします。

 

是非、邪馬台国論争の最前線をご覧にきてください!


機織りの実演もしてます♪

来て、みて、知ろう、邪馬台国 (^▽^*)ノ
 

ページの先頭に戻る