弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > 特別企画展「よみがえる 邪馬台国」

スタッフ日記

スタッフ日記 詳細

《更新日》 2010年10月19日

特別企画展「よみがえる 邪馬台国」

10月2日より、弥生くらし館で特別企画展「よみがえる邪馬台国 倭人伝の証明~吉野ヶ里と纒向」が始まりました。

展示物も畿内から出土した遺物を多数展示し、わかりやすく、邪馬台国の近畿説と九州説の比較ができるように展示しています。

特に、日本一の大きさを誇る銅鐸や、唐古・鍵遺跡や宇木汲田遺跡出土のヒスイの勾玉は見るだけでも十分なインパクトがあると思います。
また、日本一の銅鐸の陰に隠れていささか地味になっていますが、日本一大きい銅鏡も展示してあります。

他にも、雀居遺跡出土の案(祭祀用机)や短甲、利田柳遺跡の団扇柄など吉野ヶ里遺跡の復元を行う際に参考にした、元ネタが展示してあります。遺跡の中を歩く際に、探してみてはいかがでしょうか?

ページの先頭に戻る