弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > 最終更新情報

スタッフ日記

最終更新情報

《更新日》 2018年6月3日

6月は花の見ごろ

例年より8日早く梅雨入りした公園のある九州北部。
これよりしばらくは雨のシーズンとなり、屋外施設である公園としてはお客様の足が遠のく時期でもあります。
この梅雨時期に幾種もの花の開花時期にあたりますが、あまり見てもらえないまま盛りを越してしまう花も少なくありません。


現在咲いているのが、「オカトラノオ」
小さな花が根本の方から順次咲いていき、その形はまさにしっぽのよう。
曲がり方、反り方に花ごとの個性があり、見た目も楽しげです。


園路沿いに多くある合歓の木(ねむのき)の開花も始まりました。
糸状の花弁が頭上でたくさん咲き始めます。
マメ科の植物で、実はさやに入った状態で実ります。


まもなく開花が始まるのが紅花(べにばな)です。
公園では開花時期に花弁と摘み取って染色体験に使用しています。
黄色い咲いた花が時間をおって次第に赤く染まっていきます。
1万平米の広い畑で栽培中です。


ハス池では、大賀ハスのつぼみがすでに上がってきています。
弥生時代の遺跡から発掘されたハスの実を栽培されたものを分けていただきました。
交雑しないよう種をつける前に摘み取り、往時の姿を保たせています。


遺跡エリアに広く分布しているカワラナデシコ。
サッカー女子日本代表チームの愛称が「なでしこジャパン」ということで、耳にされることも多いのではないいでしょうか。
日本女性を表す「大和撫子」の語源となっている花です。

きれいに咲くたくさんの花たち。
梅雨の晴れ間は、ぜひ眺めてあげてください。

ページの先頭に戻る