弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > 最終更新情報

スタッフ日記

最終更新情報

《更新日》 2018年12月2日

公園でとれたものイベント開催しましたNEW!

広い吉野ヶ里歴史公園内ではいろいろなものがとれます

12/1・2で開催した『葛カゴづくり』は、園内で採れた植物「葛(くず)」の蔓(つる)を使ったカゴづくり。

植物を使ったカゴは、縄文時代から作られていたんですよ。

実際編んでみると、しっかり目を詰めるには結構力がいるんです。

今回参加のみなさんはとっても上手に作ってました。

そして12/2には、もうひとつの穫れる

「南のムラ」の畑で育てた野菜の収穫体験を開催しました。

ダイコン・カブ・ゴボウ・サトイモの内、お好きな2種を選んで収穫できる体験です。

普段はそれぞれ収穫体験を開催するのですが、今回はタイミングが揃ってしまい、4種同時のイベントとなりました。

ゴボウやサトイモは収穫される前の状態を見ることが珍しいこともあり、「ゴボウの葉ってこんな形なんだ!?」「サトイモの親イモって食べられるの?」などなど、疑問質問が飛び交っていました。

みなさん、大きく育った野菜たちをたくさん収獲して持ち帰っていただきました。

園内でとれるものを生かした体験を開催していますので、気になるものがあったらぜひ参加してみてください。

ページの先頭に戻る