弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > スタッフ日記 > 最終更新情報

スタッフ日記

最終更新情報

《更新日》 2016年12月29日

2016年南内郭定点観測

2016年も残すところ3日。
今年も公園では、いろいろなことがありました。
「南内郭」の写真とともに、振り返ってみたいと思います。

まずは元旦、滅多にない濃霧の発生。
初日の出はおろか、見通しは数十メートルでした。
初日の出を撮影しようとスタンバイしてたのですが、
完全にモノトーンの世界が広がっていました。

その後、1月24日には数十年ぶりとなる大雪。
公共交通もマヒし、道路も凍結して高速道は閉鎖。
そんな中、開園しても来園者はないのでは?と思っていたの
ですが、その雪景色を見るために足を運んでくれるお客様が
結構おられました。

大雪に、「吉野ヶ里を見に行こう」と思い出していただけたことに
驚いた覚えがあります。

4月になりGW目前で発生した熊本大地震。
公園自体は被害はありませんでしたが、九州への旅行客の
減少により、来園者数も昨年より大幅に落ち込みました。

7月23日、公園「北口」がオープンし新規エリアも増えました。
開園式には盛大にセレモニーが催され、記念イベントも
賑やかに開催されました。

公園の全面開園も、いよいよ近づいてきています。
12月にはライトアップイベント「吉野ヶ里 光の響」を開催。
初開催のキャンドルの地上絵は、南内郭の物見やぐらから
眺める、当公園ならではの観覧方法でした。

会期も2日増え7日間の開催になり、今年の夜間来園者数は
昨年のほぼ倍に。

冬にしては暖かな日が多く、5年目にして初めて、開催日に
1日も雨が降らなかったことも幸運でした。

そしてまた、新たな1年が始まります。

今年1年のご愛顧、ありがとうございました。
そして、来年もまたよろしくお願いいたします。

濃霧の元旦

▲濃霧の元旦

1月の大雪

▲1月の大雪

ゴールデンウィーク

▲ゴールデンウィーク

夏休み

▲夏休み

吉野ヶ里 光の響

▲吉野ヶ里 光の響

ページの先頭に戻る