弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > イベント > 特別企画展「よみがえる邪馬台国」開催

イベント

イベント 詳細

特別企画展「よみがえる邪馬台国」開催

9月19日(土)より企画展「よみがえる邪馬台国」を開催します。

今年で12回目を迎える特別企画展。
「魏志倭人伝」に記された同時代の遺物などから、各地域に存在したと想定されるクニの姿に迫る、シリーズ「倭人伝のクニを探る」の第2回となります。
今年は「宇佐」を中心とした豊前地域と、弥生時代の代表的な青銅器「鏡」「銅鐸」に焦点を当て、同地域にあったクニの姿を検証し、吉野ヶ里遺跡との関係を探ります。





展示会名
特別企画展「よみがえる邪馬台国」
‐倭人伝のクニを探る[Ⅱ]‐ 邪馬台国と豊前「宇佐」

会期
2020年9月19日()~11月8日(

会場
吉野ヶ里歴史公園内「弥生くらし館」

観覧無料(入園料別途・中学生以下入園無料)

関連イベント
特別記念フォーラム「倭人伝のクニを探る[Ⅱ]」
邪馬台国九州説・畿内説の立場からの基調講演、「ミスター吉野ヶ里」高島忠平先生をコーディネーターとしてのフォーラムを開催します。

開催日時
2020年9月27日() 13:00~16:40

会場
公園東口・歴史公園センター「多目的ルーム」

定員先着100名 聴講無料 

基調講演

  • 高島 忠平先生(佐賀女子短期大学名誉教授)
  • 種定 淳介先生(兵庫県立考古博物館 学芸員)
  • 越智 淳平先生(大分県立歴史博物館 主任研究員)

フォーラム

コーディネーター  高島 忠平先生
パネリスト 種定 淳介先生  越智 淳平先生

ページの先頭に戻る