弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > 吉野ヶ里遺跡の紹介 > 建物編

吉野ヶ里遺跡の紹介

建物編

Q. 建物の跡はどうして分かるの?

A.発掘調査で、遺跡の上に積った土を取り除いていくと、墓や柱の跡などの遺構が現れてきます。墓や柱穴の跡は、他の部分と比べて黒っぽい土だったり、土の質が違っていたりするので、見分けることができるのです。

建物の跡

▲建物の跡

Q. 高床倉庫は何を保管していたの?

A.南の倉庫は、国の倉として吉野ヶ里で作られた米などの穀類、周辺の村々から集められた米などの穀類、国を守る武器類、交易に使われる絹などの貴重品が保管されていたと考えられます。
北の倉庫は、神聖は空間である北内郭に付随することから、まつりに使われる祭器や歴代の王の宝物などが納められていたと考えられます。

Q. ねずみ返しってなあに?

A.高床倉庫の柱と床が接する部分に付けられている、円形や角の丸い長方形をした板のことです。倉庫の中に保管してある食料や絹製品などはねずみから襲われることが多かったため、柱を登ってくるねずみが倉庫の中に侵入できないように取り付けられたものと考えられています。吉野ヶ里からは、1枚の大きな円形の板を2つに割ってはめ込んでいたと思われるねずみ返しが見つかっており、大切な食糧を守るための当時の人たちの努力の跡がうかがえます。

ねずみ返し

▲ねずみ返し

Q. 鳥の模型は何を意味しているの?

A.屋根や門の上に、木で作られた鳥がとまっています。弥生時代、鳥は稲などの穀物の霊を運んできたり、悪霊から守ってくれるシンボル(神の使い)とされていたようです。公園の中で、何羽の鳥を見つけられましたか?

鳥の模型

▲鳥の模型

Q. 竪穴住居は横から入るのに、どうして竪穴というの?

A.洞窟のように横に掘って作る住居に対して、直角方向(竪)に掘っていることから竪穴住居と言われて います。

Q. 竪穴住居に水は入ってこないの?

A.竪穴住居も地域によって地面に土壁を作ったりいろいろな形があります。吉野ヶ里は小高い丘陵地にあ り、水はけは非常によいのですが、地面に染み込んだ水が、中からしみ出してくることもあります。当時 の人々は、家を作るときに出た土を家の周りに積み、水止めとしていたようです。また、家の内側の周囲に溝を切って(壁溝)、しみ出てきた水や外から入ってきた水を溜め(入り口付近)、そこから水を汲み出したりしたと考えられています。

ページの先頭に戻る