弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > 吉野ヶ里遺跡の紹介 > 南のムラ > 南の祭壇

吉野ヶ里遺跡の紹介

南の祭壇

北墳丘墓(きたふんきゅうぼ)と同じように、人工的に作られた丘です。祭りに使う土器がたくさん見つかっており、中には、神に捧げたと思われる動物や鳥の骨などが入っているものもありました。また北墳丘墓から祀堂(しどう)、北内郭(きたないかく)の主祭殿(しゅさいでん)を結ぶ「聖なる軸線」の延長線上にあることなどから、祭りに関わる施設と考えられますが、中からはお墓が1基も見つかっていないこともあり、北墳丘墓のように祖先の霊を祀(まつ)る所ではなく、天の祭り(自然や暦に関わる祭り)に関する施設だったと考えられています。