弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > 吉野ヶ里遺跡の紹介 > 中のムラ > 中のムラの居住者達の性格

吉野ヶ里遺跡の紹介

中のムラの居住者達の性格

中のムラの居住者は『魏志』倭人伝にみえる卑弥呼に仕える「婢」に相当するような、最高司祭者の祭祀を補佐しその生活の世話をする祭司者と想定しています。

祭司者的性格を有する大人層のうちこうした役割を担った者は恐らく後の天皇の側近くに仕え、その日常の世話に当たった釆女のように、そうした役割を果たすべく各「氏族」からそれぞれ選ばれた者であったと想定できます。
祖霊への供物の製造や調達、最高司祭者の食事の支度や衣装などの製作、北墳丘墓、南祭壇などへの供物の奉納と祈りなどを行ったことが想定できます。