弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > 吉野ヶ里遺跡の紹介 > 北墳丘墓 > 有柄把頭飾銅剣とガラス管玉

吉野ヶ里遺跡の紹介

有柄把頭飾銅剣とガラス管玉

墳丘墓から見つかった14基の甕棺の中の一つから見つかった副葬品です。銅剣は普通は手に握るところは木で作られており、このように全部が青銅で作られているのはとても珍しいものです。またガラスの管玉は中国の原料が使われていることまでは分かっていますが、製作されたのが日本か中国かは分かっていません。こうしたとても貴重な品物であることから、この甕棺に葬られている人の身分の高さがうかがえます。

有柄把頭飾銅剣とガラス管玉