弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > 吉野ヶ里遺跡の紹介 > 北内郭 > 環壕・中壕

吉野ヶ里遺跡の紹介

環壕・中壕

外壕

  • 外壕は、丘陵袖部を巡るように掘削されており、外壕で囲まれた範囲は、南北1km以上、東西は最大で0.5km、面積は40ha以上と考えられます。
  • 基本的には、丘陵袖部の傾斜が弱くなった部分に掘られていますが、北部では北墳丘墓を取り囲むように丘陵袖部に上がっています。断面形態は、南西部分は逆台形、それ以外の部分はV字形を呈します。規模は幅2.5mから3m、深さ2m前後が一般的で、最大の部分は幅6.5m、深さ3mを測ります。
  • 堆積土層に関しては、地形的に低い壕の外からも地上ローム土が堆積しているため、壕の外に土塁が存在していたものと考えます。

中壕

  • 中壕・内壕の2条の壕によって囲まれています。断面形態は、いずれも逆台形で、壕内の堆積土層から、外壕と同様に壕の外側に土塁を設けていたと考えられます。
  • 外壕より規模が小さく、防御的性格より、範囲を画する結界的な機能を有するものと考えられます。
  • 他の遺跡を参考に、祭祀的性格の強い北内郭の機能を考慮して、壕の外側に土塁を設けその上に、坂塀を設置することとしました。

内壕