弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > 吉野ヶ里遺跡の紹介 > 北内郭 > 屋根倉、高床住居、高床倉庫

吉野ヶ里遺跡の紹介

屋根倉、高床住居、高床倉庫

屋根倉

神に供える稲穂や、次の年にまく種籾などを収めていたと考えられます。

屋根倉

高床住居

正方形に近い、特殊な形をした高床の建物です。主祭殿の近くに位置していることから、倉庫ではなく、普段は人前に姿を見せなかったと言われる最高司祭者の住まいだったと考えられています。神聖な人が住む場所であることから、1階部分についても網代で囲われ、建物全体が閉鎖的な空間になっていたようです。

高床住居

高床倉庫

北内郭に接する場所に建てられている高床の建物です。北内郭や北墳丘墓での祀りに使われる道具や宝物などの貴重な品々が収められていたと考えられています。

高床倉庫