弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > 吉野ヶ里遺跡の紹介 > 環壕入口 > 外壕

吉野ヶ里遺跡の紹介

外壕

吉野ヶ里丘陵の袖部を巡るように外壕が掘削されており、外壕で囲まれた範囲は南北1km以上、東西は最大で0.5km以上、面積は約40haと考えられています。
基本的には丘陵袖部の傾斜が緩くなった部分に掘られていますが、北部では北墳丘墓を取り囲むように、丘陵部に上がっています。

外壕

断面の形態は南西部低地で逆台形となっている以外はV字形です。なお北墳丘墓周辺の外壕については未発達のため遺構保存の観点から平面逆台形に復元しました。
発掘時の規模は幅2.5~3.0m、深さ2mが一般的で、最大の部分は幅6.5m、深さ3mです。
堆積土層は地上ローム土が地形的に低い壕の外から堆積しているため、壕の外に土塁が存在したものと考えられます。
環壕集落の外縁を画する外壕は北内郭、南内郭に比べて規模が大きく、深く中世の城郭に見る「空堀」のような状態であり、防御的性格の強い施設と想定し、土塁上に柵列を設けました。
また壕との位置関係から、櫓であったと想定される建物跡に櫓を設置しました。