弥生人の声が聞こえる
 吉野ヶ里歴史公園

  • ENGLISH
  • 韓国語
  • 中国語
  • 文字サイズ
  • 文字サイズを大きくする
  • 文字サイズを小さくする
  • 文字サイズをリセットする

ホーム > 吉野ヶ里遺跡の紹介 > 環壕入口 > 守りの様子

吉野ヶ里遺跡の紹介

守りの様子

東の正門を始め吉野ヶ里は外壕に7カ所、南北内郭に3ヶ所の入口が確認されています。
こうした入口では、兵士たちが厳重に警備をしていたと考えられます。
手には敵の攻撃から身を守る盾と敵を攻撃する矛や弓を持ち、また体には木で作った鎧を着ていたと考えられています。

守りの様子

矛と盾を装備した兵士

弓を装備した兵士